- 助成金の種類 キャリア形成支援制度導入コース -

キャリア形成支援制度導入コース

「セルフ・キャリアドック制度」と「教育訓練休暇等制度」についてご案内しております。

セルフ・キャリアドック制度とは

労働者に、ジョブ・カードを活用したキャリアコンサルタントによるキャリアコンサルティングを、定期的(労働者の年齢・就業年齢・就業年数・役職等の節目)に提供する制度です。

セルフ・キャリアドック制度を導入するメリット

助成金を活用したセルフ・キャリアドック制度の導入には、以下のメリットがございます。
1.労働者の仕事に対する主体性の向上
・労働者が自らキャリア・プランを考えることで、主体的に仕事や職業能力開発に取り組もうとする意識を高められます

・労働者が適性や職業能力などへの自己理解を深めることで、工夫して仕事や能力開発に取り組もうとする意識を高められます

・労働者がキャリアパス(社内での昇進に必要な仕事の経験や順序など)をイメージしやすくなり、仕事のやりがいや向上心を高められます
2.新規採用職員の定着支援、育児休業者の復帰を円滑に行うことができる
・新規採用職員にキャリアコンサルティングを実施することで、キャリア・プランを明確化・具体化し、職場への定着や仕事への意欲を高められます

・育児休業者、介護休業者などにキャリアコンサルティングを実施することで、職場復帰を円滑に行うことができます
3.助成金により、制度の導入やキャリアコンサルティングの費用負担を軽減できる
4.1~3により、生産性を向上させることができる

セルフ・キャリアドック制度の導入・適用の手順

STEP.1 セルフ・キャリアドッグ制度の作成
STEP.2 制度導入・適用計画届の提出
STEP.3 制度導入・適用計画届の認定
Step.4 制度の導入
STEP.5 制度の実施
STEP.6 支給申請書の提出

教育訓練休暇等制度とは

助成金の対象となる教育訓練休暇制度は、事業主以外が行う教育訓練、各種検定又はキャリアコンサルティングを受けるために必要な休暇、勤務時間の短縮を与え、自発的能力開発を受ける機会の確保等を通じた職業能力開発及び向上を促進する制度です。

教育訓練休暇等制度を導入するメリット

助成金を活用した教育訓練休暇等制度の導入には、以下のメリットがございます。
1.労働者の職業能力の向上
導入された教育訓練休暇等を利用して、労働者が自発的に訓練を受講することによりスキルアップが可能となります。
2.助成金により教育訓練休暇等制度の導入にかかる経費の負担軽減を実現
3.1~2までにより、生産性の向上

教育訓練休暇等制度の導入・適用の手順

STEP.1 教育訓練休暇等制度の作成
STEP.2 制度導入・適用計画届の提出
STEP.3 制度導入・適用計画届の認定
Step.4 制度の導入
STEP.5 制度の実施
STEP.6 支給申請書の提出